長崎県に住む18歳・19歳でもお金を借りれる!

民法が改正されたことにより、2022年4月から成人になる年齢が20歳ではなく18歳に引き下げられることになりました。

 

これによって今までは「20歳以上で仕事をしている(アルバイトを含む)」ということがカードローンなどでお金を借りる条件だったのが、年齢が下がって「18歳以上で仕事をしている(アルバイトを含む)」という条件になっています。

 

ただ、銀行カードローンに関しては今までと同じく20歳以上となっています。

 

そこで、長崎県に住む18歳・19歳の方がカードローンでお金を借りる際におすすめの消費者金融を以下で紹介しておきます。

 

プロミス

プロミス

長崎県の18歳・19歳でアルバイトをしている方がお金を借りるならばプロミスが圧倒的におすすめです。プロミスは知名度も高いですし長年営業していますので安心して利用できますからね。

 

また、最短30分で融資が完了しますので、今すぐお金が必要という方でも大丈夫です。最短即日融資が可能なわけですから。

 

ですので、成人年齢引き下げで成人となった18歳・19歳でお金を借りたいという方はプロミスの審査に申し込みしてみるといいでしょう。

 

※注意事項
・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

長崎県の消費者金融一覧

大蔵商事 長崎県長崎市桜町8-32
まるよし商事 長崎県長崎市大浦町9-19
アイアム 長崎県長崎市川口町2-14
金剛商事 長崎県佐世保市上町4-12
共立商事 長崎県大村市玖島3丁目619-1
一ノ瀬商事 長崎県長崎市篭町2-24
三和プロミス 長崎県長崎市江戸町1-12
北辰商事 長崎県佐世保市比良町4-8
マルショウ 長崎県長崎市賑町5-9
みどりや 長崎県雲仙市愛野町乙1510-19
ウイズクレジット 長崎県長崎市大黒町7-10
栄和商事 長崎県長崎市若草町13-15

18歳・19歳でお金に困ったときの体験談

本代を本で工面しようとしました

学生時代は、親から毎月6000円小遣いをもらっていました。

 

父親が「勉強に専念しろ!」と口やかましく、アルバイトを認めてくれませんでした。その代わり、毎月6000円もらいました。ただし、それで学食での食事、本代、交通費など、すべてを賄うので、たえずお金の心配をしていました。

 

すぐに足が出るのが、本を買った時です。ゼミで必要な本を買おうとすると、たちまち小遣いが底を尽きました。いつもヒヤヒヤしながら生活していました。

 

ある時、6000円の専門書が購買部に出ていました。

 

以前から注目していた研究者の新刊でした。すごく欲しくなって、困りました。6000円は、1ヶ月の小遣いです。稀に大学の近くにあった古本屋に新刊が並んでいることがあるので、念のために行ってみました。当然のことながら、ありませんでした。

 

仕方なく、自分の本を売ることにしました。もう読まなくなった専門書や文庫本など、20冊近く、その古本屋に持ち込みましたが、1000円足らずでした。

 

そこで、未使用の切手や当時よく使われていたテレホンカード等を売却しました。それで何とか2000円作ることができました。

 

大学の購買部には、事前に予約をしておき、売られてしまわないようにしていました。お金を整えて、早速買いに行きました。購買部で見かけてから1週間後のことです。その間、ずっと本が手に入れられるか、心配でした。

 

ようやく本が手に入って安心しました。

 

古本屋に本を売却したことは、それが初めてでした。本を買うために本を売るというのが、ちょっと切なかったです。

 

切手やテレホンカードも、買った時には楽しみにして買った品だったので、手放すのは残念でした。就職したら、お金に困る生活はしたくないと、しみじみ思いました。