島根県に住む18歳・19歳でもお金を借りれる!

民法が改正されたことにより、2022年4月から成人になる年齢が20歳ではなく18歳に引き下げられることになりました。

 

これによって今までは「20歳以上で仕事をしている(アルバイトを含む)」ということがカードローンなどでお金を借りる条件だったのが、年齢が下がって「18歳以上で仕事をしている(アルバイトを含む)」という条件になっています。

 

ただ、銀行カードローンに関しては今までと同じく20歳以上となっています。

 

そこで、島根県に住む18歳・19歳の方がカードローンでお金を借りる際におすすめの消費者金融を以下で紹介しておきます。

 

プロミス

プロミス

島根県の18歳・19歳でアルバイトをしている方がお金を借りるならばプロミスが圧倒的におすすめです。プロミスは知名度も高いですし長年営業していますので安心して利用できますからね。

 

また、最短30分で融資が完了しますので、今すぐお金が必要という方でも大丈夫です。最短即日融資が可能なわけですから。

 

ですので、成人年齢引き下げで成人となった18歳・19歳でお金を借りたいという方はプロミスの審査に申し込みしてみるといいでしょう。

 

※注意事項
・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

島根県の消費者金融一覧

中島商事 島根県松江市竪町126

18歳・19歳でお金に困ったときの体験談

本代が足りなくて食費をケチった!

学生時代は、月に6000円の小遣いで生活していました。友人たちからは、「バイトをしないでいいなあ」と言われることがしばしばありましたが、バイトをしないで勉強に専念する代わりに月に6000円というのは、けっこうきつかったです。

 

親の教育方針で、大学までは学業に専念するようにとのことで、小遣いを貰っていました。バス代、食費、本代を、この6000円でまかなっていました。

 

最も遣り繰りに困ったのが、本代です。文庫本なら、500〜800円で当時は買えましたが、専門書を買うとなると、1冊3000〜4000円はします。ゼミで必要な本があると、6000円から3000〜4000円を捻出することになります。

 

バス代を浮かせるために歩くこともありましたが、急ぐ時にはバスに乗らざるを得ません。乗ったら、120円支払わなくてはなりません。

 

けっきょく、浮かせることができるのは食費でした。友人から「一緒に食事しない?」と言われて、1回くらいなら、「さっき、食べちゃった!ごめん!」と、ごまかすこともできますが、何回もになると、わざとらしくなるため、さりげなく昼食前には立ち去ることを覚えました。

 

お弁当を持っていけばよかったのでしょうが、義母が勝手に台所に入るのを極度に嫌がったため、当時はお弁当を持っていくという発想が無く、昼食を抜かすしか思いつきませんでした。

 

昼食1回で、学食なら250〜300円。10回抜かすと、3000円浮きます。そうした手段でお金を作りました。自分で稼ぐ苦労はしませんでしたが、遣り繰りの苦労はけっこうしました。年に3〜4回は、そうした苦労をして本代を捻出しました。

 

大学3年生の時が一番苦労しました。演習で専門書が必要になることが多かったからです。3年生の頃は、2ヶ月に1度くらいの頻度で、昼食代をケチる月がありました。

 

それで、多少とも余る月に飴玉を買っておいて、舐めることを覚えました。お腹が鳴ると恥ずかしいので。

 

そのお陰か?大学時代は特にダイエットをしなくても、適当な体型を保っていました。