静岡県に住む18歳・19歳でもお金を借りれる!

民法が改正されたことにより、2022年4月から成人になる年齢が20歳ではなく18歳に引き下げられることになりました。

 

これによって今までは「20歳以上で仕事をしている(アルバイトを含む)」ということがカードローンなどでお金を借りる条件だったのが、年齢が下がって「18歳以上で仕事をしている(アルバイトを含む)」という条件になっています。

 

ただ、銀行カードローンに関しては今までと同じく20歳以上となっています。

 

そこで、静岡県に住む18歳・19歳の方がカードローンでお金を借りる際におすすめの消費者金融を以下で紹介しておきます。

 

プロミス

プロミス

静岡県の18歳・19歳でアルバイトをしている方がお金を借りるならばプロミスが圧倒的におすすめです。プロミスは知名度も高いですし長年営業していますので安心して利用できますからね。

 

また、最短30分で融資が完了しますので、今すぐお金が必要という方でも大丈夫です。最短即日融資が可能なわけですから。

 

ですので、成人年齢引き下げで成人となった18歳・19歳でお金を借りたいという方はプロミスの審査に申し込みしてみるといいでしょう。

 

※注意事項
・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

静岡県の消費者金融一覧

山治商事 静岡県静岡市葵区追手町1-29
矢部商事 静岡県富士宮市東町25-8
静岡和光商事 静岡県静岡市駿河区小黒2丁目11-8
清水クレジット 静岡県静岡市清水区真砂町5-31
丸専 静岡県掛川市肴町7-5
和光開発 静岡県浜松市中区砂山町351-5
二葉ローン 静岡県静岡市葵区駿府町1-37
鈴木商事 静岡県御殿場市萩原44-2
サンヨークレジット 静岡県沼津市大手町5丁目2-18
ナイスローン 静岡県富士市吉原2丁目12-9
オアシス 静岡県静岡市葵区鷹匠1丁目10-14
キャッシュローンアクティブ 静岡県富士市富士町11-15
シャルアイ 静岡県富士市本町2-2
リバティ 静岡県富士市富士町11-1
キャッシングリーズ 静岡県静岡市葵区紺屋町7-6
静岡信販 静岡県浜松市中区鍛治町124
ホクトファイナンス 静岡県富士市吉原2丁目1-12
五陽 静岡県静岡市葵区昭和町1-6
消費者ローンフラワー 静岡県富士市御幸町5-10
キャッシングのプラザ 静岡県沼津市大手町5丁目7-1
シードリーフ 静岡県富士市吉原2丁目13-5

18歳・19歳でお金に困ったときの体験談

貧乏と毒親

私の家は、父のおかげで裕福でした。しかし私が中学生の頃に両親が離婚し、貧乏になりました。

 

母が私と弟をそだててくれたのですが、私は母に、自分が子供を産んだ今でも感謝の気持ちを持つことができません。

 

その理由は、私がまだ学生だった頃の出来事にあります。

 

中学を卒業してすぐに家計を助けるために私はアルバイトを始めました。年齢的にまだ働ける歳ではなかったのですが、知り合いが経営しているお店があったのでそこで接客をしていました。

 

時給は地元の最低賃金、もともと知り合いなのでわりとこき使われて無賃労働なんてしょっちゅうでした。

 

けれど雇ってもらっているから文句は言ってはいけないと私は思っていたので、文句を言わずに頑張っていました。

 

月に2?3万くらいしか稼げなかったけど、それは全て家に入れていました。お小遣いはそれとは別に月3000円だけでした。

 

最初の頃は「家が大変だから助けなきゃ」と思っていたのですが、高校に入学してしばらく経つと友達はみんな化粧を始めるし休みの日は集まって遊んでいました。

 

バイトしている子はしていない子よりもお金を持っていました。バイトで得たお金は自分のものだったからです。しかし私はバイトをしている子よりバイトに出ていたのに、その子よりも、それどころかバイトをしていない子よりもお金を持っていませんでした。

 

化粧品を買うお金もない、服を買うお金もない。親に言っても買ってはくれませんでした。自分のものは自分で買えと。そのかわり学校で必要なものは買ってあげると。

 

私の3000円は学校でジュースやお菓子を買ったらすぐになくなるのに。

 

かといって、私だけ買わないなんて空気が悪くなるのが嫌だからできません。しかも私が通っていた高校は国立の進学校だったので周りはお金持ちばかり、お金がないことを思春期の私は悟られたくなかったのです。

 

悟られないようにするにはあそばないという選択肢しか残されていませんでした。

 

ですが、私だけ化粧をしていない、私だけ服装のバリエーションが少ない、私だけお金がない。メイクの仕方とかのみんなの会話についていけない。遊びに行くお金がないから一緒に遊びに行けない。次第にみんなとの間には距離ができていました。

 

友達はみんな、私が遊ぶの好きじゃないんだろうなと思っていたようだけど、実際はそうじゃない。いつも遊ぶ人達が仲良くなるのは当たり前。友達はみんな気を遣ってくれたけど、私は疎外感をずっと感じていて、結局通信制の高校に転校しました。

 

今振り返ると、高校を辞めてしまったのは私の弱さで、母のせいでもお金がないせいでもないのかもしれない。けれど、たとえば毎月1万円あったら多少は違うのだろうなとおもってしまいます。

 

だから私は子供に同じ思いをさせたくない。お金で苦労はかけないようにすると心に決めています。

 

お金が全てではないけど、一定の金額を子供に与えることは大切なことなんじゃないかなと思います。