山梨県に住む18歳・19歳でもお金を借りれる!

民法が改正されたことにより、2022年4月から成人になる年齢が20歳ではなく18歳に引き下げられることになりました。

 

これによって今までは「20歳以上で仕事をしている(アルバイトを含む)」ということがカードローンなどでお金を借りる条件だったのが、年齢が下がって「18歳以上で仕事をしている(アルバイトを含む)」という条件になっています。

 

ただ、銀行カードローンに関しては今までと同じく20歳以上となっています。

 

そこで、山梨県に住む18歳・19歳の方がカードローンでお金を借りる際におすすめの消費者金融を以下で紹介しておきます。

 

プロミス

プロミス

山梨県の18歳・19歳でアルバイトをしている方がお金を借りるならばプロミスが圧倒的におすすめです。プロミスは知名度も高いですし長年営業していますので安心して利用できますからね。

 

また、最短30分で融資が完了しますので、今すぐお金が必要という方でも大丈夫です。最短即日融資が可能なわけですから。

 

ですので、成人年齢引き下げで成人となった18歳・19歳でお金を借りたいという方はプロミスの審査に申し込みしてみるといいでしょう。

 

※注意事項
・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

山梨県の消費者金融一覧

信栄 山梨県甲府市丸の内3丁目24-3
南栄商事 山梨県甲府市湯田1丁目10-14

18歳・19歳でお金に困ったときの体験談

買食い貧乏

私は母子家庭で大学に通い、家からはあまり援助は望めなかったので、スーパーでのアルバイトの収入で昼ごはん代などをまかなっていました。

 

しかし、食べたいものや栄養のありそうなごはんを買うとなると、一度の昼食で500円以上かかってしまうことがよくありました。

 

また、昼ごはんを買おうと思って買い物に行ったのに、お菓子を見ると食べたくなって買ってしまったり、いらないものまで買ってしまうので、余計な次々にかさんでお金がいつもありませんでした。

 

そこで私は、まず昼ごはん代をゼロにできれば相当経済的に楽になると考え、お弁当をつくって持って行くことにしました。

 

晩ごはんをつくる代わりに家の材料を使わせてもらい、その残りを次の日のお弁当に詰めたり、スーパーで冷凍食品が安売りの日にまとめ買いをして詰めたりしていました。その結果、お昼ごはん代が浮くし、栄養もしっかりとれるしでいいことがたくさんありました。

 

しかし、お弁当をつくるとなると朝早起きしなければいけませんでした。お弁当をつくるためにいつもより1時間?30分早起きして毎日お弁当をつくりました。

 

お弁当をつくるのが遅くなるとバスの時間に間に合わないし、お弁当を作らないと100円のパンなどでごはんを済ませるしかなくて、正直そこは辛かったです。

 

また、学年が上がると学校が忙しくなりバイトを続けられなくなり、辞めなければいけなくなりました。そのころに小額でも生活の足しにできればと思い、バイトの代わりにランサーズをはじめました。

 

また、昼ごはん代を浮かせた分、私は貯金していました。その貯金とランサーズのおかげで、バイトを辞めても本当にお金に困ってしまうことはなかったです。

 

将来バイトを辞めないといけなくなることを見越して貯金をしてきてよかったと本当に思います。

 

他にお金を使っていたことといえば、彼氏どのデートでした。私は彼氏に昼ごはんをつくってあげることが多く、その時のお金はほとんど私の負担だったので、出費としてはそこそこ痛かったです。

 

しかし食費を節約しようと思ってからは、昼ごはんを作ってあげる日は朝刊のチラシを読んで、その日の安売りのもので昼ごはんをつくるようにしました。おかげで料理の腕が少し上手くなったような気がします。